武田双雲

書道家。

1975年、熊本県生まれ。東京理科大学理工学部卒業。

 

 

3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。

大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。

音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、 斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。

 

 

 

映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、 スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。

 

 

また、フジロックフェスティバルや、ロシア、スイス、ベルギー、ベトナム、インドネシアなど、世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。 2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。

 

 

百貨店や美術館などで斬新な個展を開催。2010年目黒雅叙園での個展には4万人を超える来場者。また、2008年6月14日開通の東京メトロ地下鉄副都心線、明治神宮前駅にパブリックアートとして「希望」の作品を提供。

 

 

様々な企業や個人から依頼を受け、ビジョンを書で揮毫している。 オリジナルの書道講義が話題を呼び、日テレ「世界一受けたい授業」など様々なメディアに出演。講演会やイベント、セミナーなどへの出演も多数。

 

 

書道教室「ふたばの森」主宰。約300名の門下生に指導を行なっている。

著書は多数。 Go to books

 

 

 

宣言 「双雲は人類成長に深く貢献する存在になります。」

 

 

書道家 武田双雲 へのお問い合わせは、info@souun.netまで。

 

© 2013 by Souun Office